大古精機:会社概要

ゲージ・治具・精密機械のパイオニア 大古精機 〜社長挨拶〜

品質第一のこだわりを忘れず未来を切り開いていきます。

当社は、昭和10年に各種ゲージ・治工具・精密測定具の専門メーカーとして創業いたしました。おかげさまで、80年におよぶ歴史をもつゲージメーカーの「パイオニア」として、OKSブランドの製品は、高精度と高品質維持から皆様より高い評価を得てご愛用を頂いております。自動車や家電等の産業分野における製造技術の進展は著しく、市場ニーズは多様化、複雑化、精密化しています。それらの産業を支えているものこそ、精密測定技術なのです。製品精度の保証、信頼性に「ゲージ」は必要不可欠です。ものづくりのグローバル化(海外展開)が加速しております。今後は新興国での需要増も考えられます。そうなると品質の安定化が重要なポイントになり、計測ニーズは益々高まってくるものと考えられます。高品質なものづくりや生産の効率化には計測機器は欠かすことができないばかりか、「ものづくりの原点」です。

長年培ってきました私たちの資産とも言うべき、精密加工技術のノウハウを基盤に迅速に対応し、お客様ひとりひとりへ満足をお届けしてゆくことが私たちの使命と確信しております。
「ミクロの目を通してオリジン(源)から」をキーワードに、時代のニーズに対応できるよう研鑚していく所存であります。今後とも皆様方のより一層のご理解とご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。


大古精機株式会社
代表取締役社長 大古 秀子



沿革

1935年
東京大井町にて大古敬徳により大古製作所創業
1947年
東京板橋に移転大古精機株式会社に社名変更
1960年
東京板橋から工場を栃木氏家本社工場に移転
1967年
通産省より各種ねじゲージでJIS1級工場認定
1982年
恒温恒室棟(検査室)工事完成
1985年
氏家本社工場増改築
1987年
精密部品加工新規事業着手
1988年
精密部品工場増改築及び食堂増改築
1994年
精密部品加工にロボット導入
1995年
CNC2軸円筒研削盤1号機導入
1998年
CNC2軸円筒研削盤2号機導入
2000年
CNC2軸円筒研削盤3号機導入
2000年
超精密成型平面研削盤導入
2001年
カールツァイス社製万能測長機導入
2001年
超精密内面研削盤導入
2001年
センタレスグラインダー機導入
2004年
ホーニング1号機導入
2007年
ホーニング2号機導入
2010年
栃木県フロンティア企業認証
2010年
輪郭形状測定機導入
2013年
優良申告法人表敬状を受ける
2013年
三次元座標測定機導入・恒温恒湿検査室全面改修工事
2014年
精密ワイヤ放電加工機導入
2015年
CNC旋盤2号機導入
2015年
創立80周年記念式典
2016年
とちぎ産業活力大賞 優秀賞 受賞
2016年
超精密成型平面研削盤 導入
2016年
マニュアル画像測定機 導入
2017年
「健康経営優良法人2017」認定